警備員を希望される方から、よくある質問

  • ホーム
  • 警備員を希望される方から、よくある質問
女性でも出来ますか?
女性でも警備の仕事に就くことが出来ます。当社では、病院や工場などで施設警備員として出入管理、受付業務などに女性スタッフが活躍しています。
正社員としての求人はありますか?
当社では、原則、正社員としての求人募集です。稼働日数等の関係から臨時職員や嘱託職員としての採用も行っています。
資格などを持っていなくても出来ますか?
警備員の仕事については、一般的な業務は特別な資格を持っていなくても出来ます。
ただし、採用後、仕事に就く前に、警備業法に基づく一定期間の研修を受けていただくようになります。
また、警備業務検定資格や警備員指導教育責任者といった警備業務に関連する国家資格があり、こうした資格を持っていると採用面で有利になります。
年齢制限はありますか?
警備業法により、満18歳以上でなければ警備の仕事に就くことが出来ません。したがって、満18歳以上である必要があります。
当社では、一応、65歳定年制を設けています。ただし、健康な方で、希望すれば嘱託職員として引き続いて働くことができます。
警備員として勤務に就く前に法定研修があると聞いていますが?
新任教育という法定研修があります。警備業法に定められた内容に則った研修で、30時間(4日間)の研修が義務付けられています。この期間は研修手当が支払われます。
警備員の仕事はどのくらいの収入が見込めますか?
勤務日数に応じて変化しますが、1ヶ月24日勤務で月収20万円前後は確保できます。
  • よくある質問